ビジネス 言葉

常識とは何か

投稿日:2015年7月7日 更新日:

どうも

気づいたら2連続でiPhoneの記事を投稿していたhiroyukiです

 

 

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

-アインシュタイン-

 

 

 

この言葉を聞いた時に頭を鉄の杖で叩かれたような感覚を受けたことを覚えています

 

 

自分の様々なものが打ち砕かれたと同時に清々しくもありました

 

 

 

あ、そうだよな

 

みたいな

 

 

人は見てきたもの聞いたものから自分が作れています

 

 

だから常識というのも結局自分が作り出したものでしかない

 

 

昨日正しかったことが今日正しいとは限らない

 

 

 

どんな世界においても

 

 

 

たった70年前までは日本人も人を殺して当たり前だったわけですよ

 

 

数十年前までは半月板を怪我したら手術で摘出するのが常識でした

 

今では場所によっては回復することが分かったのですべてをそうはしません

 

 

 

長男が家を継ぐとか

 

良い大学出ないと良い会社に入れないとか

 

 

まあ小さなものから大きなものまで

 

 

世間一般でいう常識から

 

個々人の常識まで様々ですが

 

 

 

それを定義しているものは結局自分の考えです

 

 

 

その常識が相手が同じとは限らないし

時代や歴史や土地が変わったら同じとは限りません

 

 

だからこそ柔軟に対応できる

 

 

ありとあらゆるものを受け入れられる器の広さが必要ですね

 

 

最後に一言

 

東京で10人死ぬと、 日本が驚く。

ニューヨークで100人死ぬと、 世界が驚く。

だけど、 アフリカで1000人死んでも、 誰も驚かない。

 

考え方を変えなければ一生気付かない大切なこともあるということです

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア
Pocket

-ビジネス, 言葉
-

Copyright© Harbor , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.