ビジネス 言葉

あなたが話したいのは、言語ですか?それとも「言葉」ですか?

投稿日:2015年3月3日 更新日:

ブログをやっていくにあたって、

いきなりたくさんの方に

めちゃめちゃ助けて頂いているHiroyukiです(*´∀`*)

 

なんて良い方々なのだろうか・・・     ということで(どういうことやねん)

ブログの名前を変えようかな。と

 

かっこいい名前を考え中です。

要検討。

 

それはいいとして   今日の表題ですが「言語」「言葉」についてです

 

何気に学生と接することが多い私ですが(←勝手に話しかけてるだけ)

 

英語話せるようになりたいって人が多いんですよ!

理由を聞くと大体がこう言います

 

 

英語話せたらかっこいいじゃないですか?

それ、私も思います

 

 

話せないより、絶対に話せる方がいい

 

ぶっちゃけきっかけはなんでも良いと思います。

実際、私も話せるなら話せるようになりたいし。

 

 

そんな私も韓国語を勉強中です。

 

何が言いたいかというとですね。

目的が大事ということです。

 

 

私が韓国語を話したい理由は、 尊敬する人の一人に韓国人がいるからです。

 

つもり尊敬する人と話したい。コミュニケーション取りたいからです。

 

この場合、確かに言語も大事です。

しかし、今日の核心はこころからです。

 

どれだけ「言語を話せるか」よりも「どんな言葉を話せるか」の方が大事だと思います。

 

例えばめちゃくちゃ外国語が流暢に話せて、

何ヶ国語も話せるとしても

 

話が面白くなければそんなに話したいとは思わないですよね。

 

もしくはいつもネガティブな言葉、汚い言葉ばかり使うとか・・・

 

大学時代に先輩に言われた一言です。

 

「どんな言葉を話すかが大事だ。 たとえ、母国語しか話せなくても話す言葉が素晴らしければ その言葉を通訳したいと言ってくれる人が現れる。」

 

当時大学生の私にはセンセーショナルな一言でしたね。

 

確かに勉強しても一体何ヶ国語話せるようになるのか。って感じですからね。

 

人は自分の中に蓄えられたものからしか言葉は出ない。と聞きます

 

やはりどんな生き方をするかが大事ですね   更新も続けて頑張ります!!

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア
Pocket

-ビジネス, 言葉
-,

Copyright© Harbor , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.